のりピーで学ぶネット活用ビジネス

衆議院選挙もいよいよ目前に迫り、私たち国民も高い関心を寄せています。
私もメディアが取り沙汰するマニフェストの内容と、そこに書かれていないビジョンを想像しつつ、小さいながらも私たちの明日のために一票を投じたいと思います。何と言っても長い目で見据えた景気回復、安心して子供を産み育てられる社会を期待したいですね。
さて、この数週間は芸能人の薬物問題が大きくニュースに取り上げられました。タレントなどに疎い私の父でさえ「のりピー」といえば酒井法子さんと知るほどでしたが、私も学生時代には「かわいいなぁ」などと思っていたので、やはりがっかりしたというのが正直な気持ちです。
音楽の配信事業の旗手であるアップルコンピュータiTunes Storeでは、2009年8月11日に酒井法子さんの過去のヒット曲「碧いうさぎ」がダウンロード数で第1位になりました。これは、この曲へのプロモーションがあったわけではないにも関わらず、人々の関心の高まりが導いた結果と考えることができます。また、インターネットの力が大きな要因でした。これは、わざわざCDショップへ出かけるのではなく、自宅に居ながら、またはiPhoneなどの操作で簡単に曲を入手できる環境があったからこそ起きた現象と言えるでしょう。
これを私たちのビジネスに置き換えて見ると、ネットの利用次第で多くの人へ、商品やサービスを売ることが出来ることに気づきます。

mlplでは、サービスや商品情報をお客様の携帯電話に直接メール配信できます。目をひく商品のイメージ写真も一件のメールに最大15枚も載せられ、効果抜群。さらに時間指定・セグメント毎の配信設定も可能なので、予め仮説を立てたメール配信について結果の詳細な分析・検証を行う効果測定機能を使った独自の売り上げ倍増のノウハウ構築も可能です。一方的なお知らせだけでなく、お客様からのご意見もアンケート機能を活用して得られます。そしてなんと!定額で無制限の配信を実現!お客様への情報は、料金を気にせず何度も配信出来るのです。

さて、ザ・ビートルズでは、ジョン・レノンが「ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ(Lucy in the Sky with Diamonds)」をアルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』で発表しています。この曲は、息子であるジュリアン・レノンが保育園の友達、ルーシーが登場する絵を描いて見せ、ジョンにアイディアをひらめかせたそうです。しかし、発表当時はサイケデリックな曲調に加え、曲の頭文字がドラッグの名称にもなることから誤解を受け、ラジオで一部放送禁止になる憂き目にも遭っていました。これもドラッグ被害と言えるのかも?
そういえば、来月はいよいよザ・ビートルズの全アルバムがリマスター版となって発売されますが、彼らの曲はまだまだiTunes Storeでも配信予定はないようです。でも、CDショップでジャケットを手に取る感動をまた味わえることは嬉しいかも!

皆さんも感動を呼ぶ配信をmlplで!

<開発室:クマ>

このブログ記事について

このページは、kumaが2009年8月19日 22:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「夜回り先生とイマジン」です。

次のブログ記事は「無敵の営業!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ