2009年6月アーカイブ

先入観に隠れた小さな宝物

バーコードをご存知ですか?
そう、あの商品の値段をレジで読み取るための無機質に並んだバーです。
では、デザインバーコードはご存知ですか?この無機質なバーコードを、商品パッケージ上の単なる記号から驚きや笑いを呼ぶ、見せるデザインへと昇華させた「発明」です。そしてこのアイデアあふれる「発明」をしたのはズバリ「デザインバーコード株式会社」という会社です。
広告・デザインの分野に於いて数々の賞を受賞したこの会社の「作品」を目にした方も多いのではないでしょうか。
単なるバーコードがシマウマの縞の一部だったり、開いた傘に降る雨だったり、持ち上げたピザの1ピースから伸びるチーズだったりと、見事な変身を遂げています。この会社のビジネスにおけるコンセプトは「Big ideas are small」だそうで、小さなアイデアが消費者の心を掴む大きなアイデアとなるかも知れない、そのために「先入観に隠れた小さな宝物」を見失わない柔軟さを持ち続けるという意思表明なのでしょう。
私たちも日々働く時間の中で、大きなビジネスチャンスを見逃しているかも知れません。ちょっとした目の付け所が他社との差別化を生む、大きな発見にできるよう心がけたいものですね。

mlplでは、アイデアいっぱいのサービスや商品情報をお客様の携帯電話に直接メール配信できます。目をひく商品のイメージ写真も一件のメールに最大15枚も載せられ、効果抜群。さらに時間指定・セグメント毎の配信設定も可能なので、予め仮説を立てたメール配信について結果の詳細な分析・検証を行う効果測定機能を使った独自の売り上げ倍増のノウハウ構築も可能です。一方的なお知らせだけでなく、お客様からのご意見もアンケート機能を活用して得られます。そしてなんと!定額で無制限の配信を実現!お客様への情報は、料金を気にせず何度も配信出来るのです。

話題を戻して、デザインバーコードとなったデザインが一様にコミカルに見えるのは、既存のバーコードの存在をパロディにした精神が見えるからだと思います。
さて、ザ・ビートルズでも既存のフォーマットをパロディにしている面白さはたくさんあります。初の主演映画「ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ! (A HARD DAY'S NIGHT)」でさえ、自分達の多忙な毎日を笑ってしまえと言う発想ですよね。特にジョン・レノンはこういったユーモアセンスを発揮して一曲の中に自分達の曲名を出して、その内容を冷やかしてみたりしています。テレビ映画「マジカル・ミステリー・ツアー (Magical mystery Tour)」でセイウチに扮していたジョン自身を後に「セイウチはポールだった」と歌ってみたり。
お客様が楽しめるユーモアの中にも、小さな宝物は隠れているかもしれませんね。
あなたもmlplでユーモアあふれるアイデアを発信なさって下さい。

開発室:クマ

このアーカイブについて

このページには、2009年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年5月です。

次のアーカイブは2009年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ